日本福祉工学会

ホーム > イベント > 学術講演会 講演原稿執筆要領

学術講演会 講演原稿執筆要領

「日本福祉工学会・学術講演会」原稿投稿規定,書き方及び提出方法

見本

  • 発表原稿の投稿規定(PDF)
  • 発表原稿の見本(MS-WordPDF)

投稿規定

  1. 講演発表者は日本福祉工学会会員であること.
  2. 原稿は和文または英文でワープロ[Microsoft Word での作成が望ましい]作成されたものを提出することを原則とし,その書き方と提出方法等は下記に定める.

書き方

  1. 原稿用紙の枚数,サイズ・レイアウト
    1. 一般講演の原稿は2ページ以内,招待講演の原稿は1ページまたは2ページ以内とする.
    2. 原稿用紙はA4判の白紙を使用し,原則として,各ページの空白は上下2.5cm,左右2cm,文字サイズ10ポイント,1行文字数50文字,1ページ行数48行を用いて作成する.
  2. 和文題目,英文題目,和文氏名と勤務先の略称名,英文氏名と勤務先住所,Key Words の書き方
    1. 和文題目,英文題目,和文氏名と勤務先の略称名,英文氏名と勤務先住所,Key Words の書き方は,基本的にはこの順番で記載する.
    2. 和文題目は14ポイントのゴシック体の文字を使用し,上端より2.5cm でしかも 中央の位置に記載する.
    3. 英文題目,英文氏名と勤務先と住所,Key   Words(5個以内)は,12ポイントのセンチュリーライト,Times New Roman又はCenturyの文字を使用して記載する.
    4. 和文氏名と勤務先の略称名は,12ポイントの明朝体の文字を使用して記載し,連名の場合には講演発表者の前に○印を付ける.
  3. 本文
    1. 本文の作成については,2段組とし,中央に1cmの空白を設ける.その結果,文字数は1段の文字数は24文字となる.
    2. 本文の文字サイズは10ポイントで明朝体の文字を使用して記載する.
    3. 各章の位置は中央に,各節の位置は左につめ,ゴシック体で記載する.なお,各章の説明文の前にはスペース行を空けない.
  4. 図表,写真
    1. 図表(図表内を含む)のタイトルならびに説明は,和文または英文で記載する.
    2. 図や写真は剥がれないように貼り付ける.
  5. 参考文献
    1. 本文中の引用箇所には,文章の右肩に小括弧を付した番号[例えば (1)]を記載する.参考文献は末尾にまとめ,その番号は(1)…,(2)…のように前に突出させて記載する.
    2. 論文や雑誌の場合は著者名,論文の表題,雑誌名,巻,号,発行年 (西暦),ページ[例えば,pp.10-15. , p.10. ] の順とする.書籍の場合は,著者名,書名,巻,発行年(西暦),ページ[例えば,pp.10-15. , p.10. ],発行所 の順とする.見本(MS-Word ,PDF)を参照されたい.
  6. 原稿の印刷
    1. 原稿はそのままの大きさで印刷しますので,本文,図および表の位置などに十分注意してワープロ[Microsoft Word での作成が望ましい]で作成して下さい.

提出方法

  1. 講演申込者は,講演発表申込書(当学会で規定 されたもの,またはそのコピー可)(MS-Word ,PDF)に必要事項 を記入したものを,学術講演会主催の大会実行委員長または幹事に,Fax または E-mailで提 出する.
  2. 講演申込者は,ワープロで作成した原稿の原本 1部とコピー 1部(合計2部)を,下記の学会事務局に郵便等で送付する.
  3. 原稿の書き方が不備な場合は,文章の修正をお 願いすることがある.
  4. 原稿は原則として返却しない.

提出先

〒400-8511
山梨県甲府市武田4-3-11
山梨大学工学部機械システム工学科内
日本福祉工学会 事務局
TEL&FAX:055-220-8576
E-mail : jswe [at] yamanashi.ac.jp
Copyright © 2009 The Japan Society for Welfare Engineering All Rights Reserved.